日本リーグ

<<一覧ページに戻る

【S/Jリーグ2018開幕戦】北都銀行が2-1で山陰合同銀行に辛勝

JTBバドミントンS/Jリーグ2018の開幕戦となる高岡大会の1日目が平成30年12月8日(土)、富山県高岡市の高岡市民体育館で開催され、北都銀行は山陰合同銀行に2-1で勝利し、開幕戦を白星スタートで飾った。

今シーズンからシステム面が変更となり、トップカテゴリーであるJTBバドミントンS/Jリーグのチーム数が8チームから10チームへ増加。それに伴い、昨季まで8チームによる総当たり戦だったリーグが「Sリーグ」と「Jリーグ」の2つのブロックに分かれ、各ブロックごとに総当たり戦を実施。各ブロックの上位2チームが順位決定戦(TOP4トーナメント)に、3~5位のチームがもう一つの順位決定戦(5~10位)へと進む方式へ変更となった。

その大事な初戦。北都銀行は、第1ダブルスで米元小春・田中志穂組が、山陰合同銀行の久後あすみ・横山めぐみ組と対戦。第1ゲームを21-15で奪ったものの、第2ゲームを19-21で奪われ、勝負は第3ゲームへ。一進一退の攻防が続くも最後は米元・田中組が粘りを見せ、21-19で奪い、初戦を勝利で飾った。

続く、第1シングルスは川上紗恵奈が、2019年日本代表に内定している漆﨑真子と対戦。第1ゲームを18-21で奪われると、続く第2ゲームも15-21で奪われ、敗戦。

勝負のかかる第2ダブルスは永原和可那・松本麻佑組が、横山恵里香・樽野恵組と対戦。第1ゲームを21-13で奪うと、続く第2ゲームも21-11で奪い、勝利。貫録を見せつけた。結果、北都銀行は開幕戦を2-1の勝利で飾った。

S/Jーグ女子の11月5日の結果は次のとおり。
北都銀行 2-1 山陰合同銀行
日本ユニシス 3-0 岐阜トリッキーパンダース
ヨネックス 3-0 ACT SAIKYO
再春館製薬所 2-1 日立化成

2018.12.08