日本リーグ

<<一覧ページに戻る

【S/Jリーグ2017第5戦】北都銀行が1-2で日本ユニシスに惜敗

バドミントンS/Jリーグ2017大町大会が平成30年1月28日(日)、長野県大町市の大町市運動公園総合体育館で開催され、北都銀行は日本ユニシスに1-2で惜敗。通算成績を4勝1敗とした。

北都銀行は、第1ダブルスで米元小春・田中志穂組が、日本ユニシスの栗原文音・篠谷菜留組と対戦。第1ゲームを10-21で奪われると、続く第2ゲームも13-21で奪われ、敗戦。

続く、第1シングルスは川上紗恵奈が、髙橋沙也加と対戦。第1ゲームを8-21で奪われるも、続く第2ゲームを21-15で奪い返し、勝負は第3ゲームへ。最後まで粘りをみせた川上だったが、18-21で奪われ、惜しくも敗れた。

第2ダブルスでは、永原和可那・松本麻佑組が、東野有紗・中西貴映組と対戦。第1ゲームを21-12で奪うと、勢いそのままに続く第2ゲームも21-10で奪い、勝利。この結果、1-2で日本ユニシスに敗れ、開幕からの連勝は4でストップした。

S/Jーグ女子の1月28日の結果は次のとおり。
北都銀行 1-2 日本ユニシス
再春館製薬所 3-0 NTT東日本
ヨネックス 3-0 七十七銀行
ACT SAIKYO 2-1 山陰合同銀行

2018.01.29