日本リーグ

<<一覧ページに戻る

【S/Jリーグ2017第4戦】北都銀行が2-1で七十七銀行を破り開幕4連勝

バドミントンS/Jリーグ2017秋田大会が平成30年1月21日(日)、秋田県秋田市の秋田県立武道館で開催され、北都銀行は七十七銀行に2-1で勝利。通算成績を4勝0敗とした。

北都銀行は、主戦の米元小春がインフルエンザ、永原和可那が体調不良で欠場。第1ダブルスでは公式戦初となる田中志穂・松本麻佑のペアで、七十七銀行の河崎綾佳・嶺井優希組と対戦。第1ゲームを21-10で奪うも、続く第2ゲームも21-13で連取し、A代表の底力を見せつけた。

続く、第1シングルスは川上紗恵奈が、杉野文保と対戦。川上は体調不良のため動きに精彩を欠き、第1ゲームを18-21で奪われると、続く第2ゲームも14-21で奪われ、敗戦。

勝負のかかった第2ダブルスでは、ペアとしてはS/Jリーグ初出場となる村山祐美・浦谷夏未組が、牧野美咲・木戸よし美組と対戦。第1ゲームを21-16で奪うと、勢いそのままに続く第2ゲームも21-18で奪い、勝利。この結果、2-1で七十七銀行を破り、北都銀行は開幕4連勝を飾った。

S/Jーグ女子の1月21日の結果は次のとおり。
北都銀行 2-1 七十七銀行
ヨネックス 2-1 日本ユニシス
再春館製薬所 2-1 山陰合同銀行

2018.01.22