日本リーグ

<<一覧ページに戻る

【日本リーグ第3戦】北都銀行が1-2で岐阜トリッキーパンダースに敗戦

バドミントン日本リーグ2015、能代大会が平成27年12月13日(日)、秋田県能代市の能代市総合体育館で開催され、女子1部の北都銀行は岐阜トリッキーパンダースに1-2で惜敗。通算成績を2勝1敗とした。

北都銀行は、第1ダブルスで米元小春・田中志穂組が、岐阜トリッキーパンダースの程文欣・松田蒼組と対戦。第1ゲームを21-13で奪ったものの、続く第2ゲームを15-21、第3ゲームを14-21で連取され敗戦。

続く、第1シングルスはキャプテン楠瀬由佳が、岐阜トリッキーパンダースの山本紗椰と対戦。第1ゲーム、土壇場で見事な追い上げを見せるも19-21で奪われると、続く第2ゲームも15-21で奪われ、ストレート負けを喫した。

最終の第2ダブルスでは永原和可那・松本麻佑組が、江藤理恵・山口ソヨカ組と対戦し、21-11、21-12で今季3勝目を挙げた。

日本リーグ女子1部の12月13日の結果は次のとおり。
岐阜トリッキーパンダース 2-1 北都銀行
NTT東日本 2-1 ヨネックス

2015.12.13

全日中2020応援企業

出場選手の皆さんを応援しています!

  • 特定非営利活動法人ACT SAIKYO